近代工芸の買取

  • TOP
  • 近代工芸品の買取

近代工芸品の買取

商品買取説明が入ります。商品買取説明が入ります。商品買取説明が入ります。商品買取説明が入ります。商品買取説明が入ります。商品買取説明が入ります。商品買取説明が入ります。商品買取説明が入ります。商品買取説明が入ります。商品買取説明が入ります。商品買取説明が入ります。商品買取説明が入ります。商品買取説明が入ります。商品買取説明が入ります。商品買取説明が入ります。商品買取説明が入ります。商品買取説明が入ります。

こんなお品物を高く買取致します

  • 陶磁器
  • 漆器
  • 金工具
  • 染め物

近代工芸に関して

  • 陶磁器について
    畿内より東では瀬戸物、中国、四国よりも西では唐津物とも呼ばれます。
    それ以外にも九谷焼、美濃焼、益子焼、無名異焼など古くから様々な地方で、優れた陶磁器が作られ続けています。近年では加藤土師萌や濱田庄司などが広く名を知られた名工です。
  • 漆器について
    漆は日本古来から伝わる伝統技術で、制作に熟練の技術が要求されます。
    その深みのある輝きと趣のある色合いは、日本人の心を捉えて離しません。
    また、蒔絵や沈金など金を使った細工が施されることもあり、松田権六、田口善国、前史雄などが名工として知られています。
  • 金工類について
    金工類とは、金属を使って作る工芸品のことを指します。大きく分けて金属を溶かして作る鋳金、叩いて伸ばして作る鍛金という2つの加工技法があり、作られる作品は様々です。近代では、奥山峰石、山本晃、桂盛仁らが名工として知られています。
  • 染め物について
    金工類とは、金属を使って作る工芸品のことを指します。大きく分けて金属を溶かして作る鋳金、叩いて伸ばして作る鍛金という2つの加工技法があり、作られる作品は様々です。近代では、奥山峰石、山本晃、桂盛仁らが名工として知られています。

主な作家

主な作家主な作家主な作家主な作家主な作家主な作家主な作家主な作家主な作家主な作家

主な買取実績

選べる3つの買取方法

買取に関するお問い合わせ

テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。 テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。
  • お電話でのお問い合わせはこちら tel:0120-424-030
  • メールでのお問い合わせ