和骨董の買取

  • TOP
  • 和骨董の買取

和骨董の買取

商品買取説明が入ります。商品買取説明が入ります。商品買取説明が入ります。商品買取説明が入ります。商品買取説明が入ります。商品買取説明が入ります。商品買取説明が入ります。商品買取説明が入ります。商品買取説明が入ります。商品買取説明が入ります。商品買取説明が入ります。商品買取説明が入ります。商品買取説明が入ります。商品買取説明が入ります。商品買取説明が入ります。商品買取説明が入ります。商品買取説明が入ります。

こんなお品物を高く買取致します

  • 陶磁器
  • 根付
  • 印籠
  • 浮世絵

和骨董に関して

  • 陶磁器について
    紀元前4世紀頃朝鮮からろくろの技術と窯の技術が伝わり、日本でも陶磁器が作られるようになりました。特に安土桃山時代になると、緑釉、黄釉、白釉が使われるようになり飛躍的な発展を遂げます。そこから数十年、江戸時代になると青磁、白磁、染め付けなどの制作も可能になり、様々な優れた作品が伝わられています。今では国内dだけではなく、海外にも熱心なコレクターが多くいます。
  • 根付について
    根付とは、江戸時代に煙草入れ、印籠などを吊るして歩く際に使われた留め具です。江戸時代後期以降、象牙や黒檀などの素材を使い意匠を凝らして作られるようになり、近代ではその芸術性が高く評価されています。
  • 印籠について
    印籠は、薬を携帯するために作られた小さな入れ物で、侍のおしゃれとして様々な意匠を凝らしたものが作られました。中には螺鈿、蒔絵が施されたものもあり、その綺羅びやかな細工は今もファンを魅了して止みません。

主な作家

主な作家主な作家主な作家主な作家主な作家主な作家主な作家主な作家主な作家主な作家

主な買取実績

選べる3つの買取方法

買取に関するお問い合わせ

テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。 テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。
  • お電話でのお問い合わせはこちら tel:0120-424-030
  • メールでのお問い合わせ