買取実績

  • TOP
  • 買取実績

  • 訪問査定
  • 書画・掛け軸
木村武山 掛け軸

祖父が大事にしていた掛け軸や屏風の価値がわからず、

処分するにしても安心して査定買取りをしてくれる業者を探していました。

担当者のコメント

日本画の大家「木村武山」は、明治・大正・昭和初期にかけて活躍し、茨城県内や千葉県内に作品が多く残っています。

岡倉天心のもとで「横山大観」「下村観山」「菱田春草」の三人と共に、戦前の日本画界をリードし、日本美術院を再興し中心的役割を果たしていました。

昭和12年に脳出血で倒れてからは、左手で制作を続けることとなり「左武山」の異名をとっていました。

『仏画の名手』といわれ、代表作品に三の丸尚蔵館所蔵の「大日如来」などがあります。

こちらの作品は「日本武尊」を題材としたもので、状態も良く、共箱もあり、高価買取りとなりました。

(ギャラリー・スイ)

〒270-1151 千葉県我孫子市本町1-3-15
【アクセス】JR常盤線、我孫子駅南口より徒歩2分

TEL:0120-424-030

【定休日】月曜・火曜
【営業時間】11:00~19:00