和骨董大辞典

  • TOP
  • 和骨董大辞典

ウジェーヌ・ドラクロワ(うじぇーぬ・どらくろわ)

テオドール・ジェリコーに影響を受けており、彼の夭折を嘆いた。アカデミー・デ・ボザールにドラクロワが入会を許された時、ロマン主義の代表格ドラクロワと並び称された新古典主義の主導者たるドミニク・アングルは「私はこの愚かな世紀と決別したい。」と述べた。しばしば劇的な画面構成と華麗な色彩表現は、ルノワールやゴッホなど多くの画家たちに影響を与えた。

その一方で、ドラクロワの素描は作家同定をめぐって多くの議論がある。
その発端となった1966年のジョンソンの論文[2]は弟子ピエール・アンドリウによるゲルマント城の回廊の
天井画の一つ「ケレスを讃えて」(1866年)を取り上げたもので、他にもコペンハーゲン国立美術館のペン素描など、これまでパリの旧市庁舎一階の「平和の間」の天井画のためのドラクロワの素描と考えられてきたいくつかの作品を弟子アンドリウの習作とした。ドラクロワの影響が色濃いこの天井画は神話主題で四季を描いた四点の格間からなり、「平和の間」と同様、ギリシアの神々の姿が描かれている。

また、ドラクロワの死後、アトリエに残されていた作品群に偽のアトリエ印が確認される一方、19世紀末から20世紀初頭にその素描の多くが絵画市場に出回っているため、現在ではルーヴルをはじめ各地の美術館でドラクロワの素描の再検討が行われているが、多くの研究余地を残している。

買取に関するお問い合わせ

テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。 テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。
  • お電話でのお問い合わせはこちら tel:0120-424-030
  • メールでのお問い合わせ